ネット予約はこちら

無料相談はこちら

歯周病治療

Periodontal disease

PERIODONTAL DISEASE
歯周病

歯周病は、大切な歯を奪ってしまうだけでなく、全身疾患とも深い関わりがある事がわかってきました。

歯周病菌が肺や血液を通じて全身をめぐり、さまざまなトラブルを引き起こす事があるのです。病気の原因を探していたら、なんとそれが歯周病だった……というケースも少なくありません。歯周病を甘く見ず、予防とともに早期治療に努めましょう。

歯周病の症状

こんな症状はありませんか?

以下の症状にあてはまる方は、歯周病の可能性があります。
お早めにご相談ください。

  • 朝起きた時に、口の中がネバネバする
  • 歯を磨いた時に血が出る
  • 口臭が気になる
  • 歯と歯の間に食べ物が詰まりやすい
  • 硬いものを噛むと痛む
  • 以前に比べて歯が長くなったような気がする
  • 歯がグラグラする
  • 歯が浮いているような気がする
  • 歯茎が赤く腫れたり、膿が出る

歯周病の進行

軽度歯周病
軽度

歯ぐきに炎症が起き、歯との間「歯周ポケット」が深くなります。痛みはまだありませんが、ブラッシング時に出血する事があります。

中等度歯周病
中等度

炎症が深まり、歯周病菌が顎の骨にまで達しています。歯周ポケットが深くなり、歯はグラグラしはじめます。

重度歯周病
重度

顎の骨が半分以上溶けています。
歯周ポケットがかなり深くなり、歯はグラグラに。歯ぐきからは膿が出て口臭も増します。ここまでくると、最終的に歯は抜け落ちてしまいます。

歯周病の原因

歯の表面に絶える事なく形成される細菌性の膜をプラーク(歯垢)と呼びます。このプラーク(歯垢)が歯周病の原因です。

プラーク(歯垢)は歯の表面ででき、プラークからの毒素が歯ぐきにしみ込んでいきます。
こうして歯の磨き残し等で歯茎のまわりに残った大量のプラークが炎症を引き起こすのです。

プラークは本来歯と同じ色なので見つけるのが困難です。
ネバネバですが軟らかく歯磨きで取り除く事ができます。取り除かないと、石灰化して硬くなっていき、歯石がつくられます。歯石にはプラークが付きやすく、新しく軟らかいプラークがざらざらした歯石の上に急速に形成され、これが炎症を引き起こし進行していきます。

歯周病の治療

1.掃除指導

現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解した上で、正しいブラッシング方法を学んでいきます。

2.スケーリング
(歯石除去)

歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したものです。歯に付着しておりそれ自体の病原性はありませんが、表面がでこぼこしていて、歯垢が付きやすいため、一般的に超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除きます。

3.フラップ
オペレーション

歯槽骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深い場合には、ポケットの外から器具で歯垢や歯石を取り除く事は不可能です。このような場合には、歯肉を開いて歯根を露出させ歯垢や歯石を取り除きます。

4.メンテナンス

治療が終わった後に継続して、良い状態を維持する事をいいます。そのためには、歯科医師のチェックと歯科衛生士による専門的なお口の清掃(クリーニング)を定期的に行います。
最低でも半年に1回は定期的にチェックを受けましょう。進行した歯周病の治療が終わった方は、1~3ヵ月のサイクルで来院し安定した歯茎の状態を管理していく事が大切です。

フラップオペレーションの内容として、
以下のような方法が当院では可能です!

他院で抜歯と判断された歯を抜かずに処置できたり、歯ブラシがしやすくなる手術方法を以下に列挙致します。ただし、自費診療となります。

クラウンレングス(歯冠延長術)

虫歯になり歯の保存がこのままでは困難(歯を抜く以外の方法がない)な場合、歯肉切除や骨外科手術を行う事によって、臨床的歯冠長を延長させ歯の保存を行う手術です。歯冠長が短いと、隣り合った歯の清掃が困難になったり、さらに虫歯や歯周病を引き起こす原因になります。こうしたリスクを伴う症例に対して手術を行う事により、抜歯と判断されていた歯の保存が可能となり、その後の的確な治療が行う事ができます。ただ、虫歯の程度のより、適応症は限定されます。

再生療法・エムドゲイン

歯周病が進行すると歯を支えている骨が溶けていきます。そして歯の動揺が起こり、最終的には歯が抜けてしまいます。その、溶けた骨を少しでも元の状態に戻す事はできないかと開発された方法が、歯周組織再生療法です。当院ではエムドゲインを使用しております。

ただ、この方法を用いたとしても100%骨が元に回復するというわけではありません。非常にデリケートな治療なため、治療前後の徹底的な歯磨きの訓練や禁煙などは必須になります。

FGG(遊離歯肉移植術)

歯根やインプラントの周囲に角化歯肉(コラーゲン繊維に富んだ硬く動かない歯茎の事)がない場合、歯ブラシの圧力に弱く、痛みのせいで歯磨きが困難になったり、歯肉が退縮(歯茎が痩せてしまう事)する事により、炎症を引き起こし、歯やインプラントが長持ちしません。その際に、上あごから歯茎の移植を行い、硬い歯茎(角化歯肉)の獲得を行う手術になります。

CTG(結合組織移植術)

インプラントを埋入する部分が、歯肉退縮(歯茎が痩せてへこんだ状態)や抜歯後の歯槽提の陥没した部分がある場合、上あごから結合組織(歯茎の一部)を移植し、陥没した部分を膨らます手術です。これにより、歯茎の厚みを増大し、審美的に優れた被せ物を入れる事ができます。

インプラント周囲炎に対する対応

インプラント周囲炎とは、インプラントの歯周病です。インプラントは金属でできているため(現在はジルコニアでできているものもあります)虫歯にはなりませんが、骨と結合しているため、歯周病にはなります。症状としては、歯茎の晴腫れ・出血が起こり、進行すると歯周組織が破壊されます。その結果、インプラントが動揺し、脱落する場合もあります。進行度により、治療内容は異なります。

  • PMTC
  • 消毒による洗浄
  • 抗生剤の服用
  • 外科処置(切除療法)
pagetop