ネット予約はこちら

無料相談はこちら

インプラント

Implant

IMPLANT
インプラントとは

インプラント

自分の歯を失ってしまい噛めない、入れ歯が合わない・見た目がよくないなどの方に対し、インプラント(人工歯根を植える)治療を積極的に取り入れています。インプラント治療とは、顎の骨の中にチタンでできた人工の歯根(チタンでできたネジ)を埋めこみ、それを土台として歯冠をかぶせる治療法です。

顎の骨の中に直接結合しているため、天然の歯とほとんど変わらない感覚で物を噛んだり、会話を楽しむ事ができ、見た目にも綺麗です。

また、入れ歯やブリッジなどの治療法と違い、残っている歯に余計な侵襲を加えないため、御自身の残りの歯を長くもたせる事が出来ます。

インプラントの特徴

インプラントに使われるチタンは、アレルギーも少なく、かみ合わせに耐えられる強度があります。チタンと骨が結合するのでしっかりと固定する事ができ、治療後は違和感がないため、天然の歯と変わらないかみ合わせを実現できます。

また、残っている他の歯を削ったり、装置をつけたりする事もありません。他の歯に負担をかけずに治療ができるのです。

当院インプラントの特徴

ストローマンインプラント

安心安全の世界シェアNO.1のストローマンインプラントを使用しています。

インプラントを製造しているメーカーは多数存在しております。当院ではその中でも世界シェアNO.1のストローマン社製のインプラントを使用しております。世界中で豊富な症例があり、歴史・信頼・安全性が高く、私自身も絶大な信頼を置いているメーカーです。その安全性が世界で高く評価されているインプラントを使用する事で、安心安全なインプラント治療をご提供いたします。

3種類の治療法

以下に歯を失った際、歯を入れる事ができる3種類の治療方法について比較していきます。歯を入れない場合、前後の歯が移動し、他の歯に負担を加えたりする事があるため、何かしらの方法で歯を入れる事を推奨いたします。ただ、欠損の状態のよっては、何もしない事もあります。

  • 移動前
    移動前
  • 移動後
    移動後
インプラント インプラント
治療法

歯が抜け落ちたところの歯槽骨にインプラントと呼ばれるチタン製の歯根に人工の歯を埋め込む治療法です。

メリット
  • ・周りの歯への負担が少ない
  • ・見た目は天然の歯と違和感がない
デメリット
  • ・自由診療のため治療費が高額になる
  • ・治療期間が長い
ブリッジ ブリッジ
治療法

なくなった歯の両隣の歯を削って橋げたとし、そこに橋を渡すように人口の歯をかぶせる治療法です。

メリット
  • ・保険も可
  • ・天然の歯に近い使用感で、違和感が少ない
デメリット
  • ・健康な歯を削る必要がある
  • ・削った歯が虫歯や歯周病になるリスクが高まる
部分入れ歯 部分入れ歯
治療法

部分入れ歯とは、なくなった歯の隣の歯に金属などのばねをひっかけて固定する治療法です。

メリット
  • ・保険も可
  • ・条件が厳しくなく、多くの場合で治療が可能
デメリット
  • ・固定のばねが目立ち、見た目が悪い
  • ・装着に違和感がある事が多い
総入れ歯 総入れ歯
治療法

総入れ歯とは、歯が一本も残っていない場合の治療法です。プラスチックの土台に人工歯が固定されており、それを歯茎に装着します。

メリット
  • ・保険も可
デメリット
  • ・歯茎が痩せるため、数年ごとの作り替えが必要
  • ・装着の違和感、話しにくさがある
  • ・外れる事が多い

上記で比較したように、それぞれに利点・欠点が存在します。患者様のお口の状態・健康状態によってベストな治療法は異なりますので、どの治療法が最適であるのか、診査・診断によって決定します。

TREATMENT
治療法

口腔内診査
1.口腔内診査・診断

最初にお口全体の検査を行います。検査とはレントゲン写真・お口の中のカラー写真・CT撮影・お口の歯型などです。その検査をもとに患者様に適した治療計画を立案します。

検査結果説明
2.検査結果説明・カウンセリング

1で行った検査結果、診断結果をカウンセリングルームにてお伝えします。患者様と具体的にどのように治療を進めていくか相談しながら治療方法を決定します。その際、必要に応じて事前に歯周病治療や虫歯治療を先行して行う場合もあります。ここで歯を失った場所がある場合、入れ歯・ブリッジ・インプラントの中から患者様のご希望を聞きながら必要な治療を選択します。

インプラント手術
3.インプラント手術

インプラントの手術です。

人工歯の装着
4.人工歯の装着

通常、2~3か月のインプラントと骨の結合期間を経て、人工歯を装着します。必要であれば、まず仮歯を装着します。

メンテナンス
5.メンテナンス

インプラント治療は終了ですが、ここからが本当のスタートです。失った歯を取り戻した後は、インプラントが歯周病に罹患しないように定期的なメンテナンスが必要となります。通常、2~4か月に1回程度のメンテナンスのための来院を推奨しております。

1回法・2回法とは

1.1回法の手術
インプラントの埋め込み手術をした後、治癒を待つための部品をインプラント体に付けます。その後数か月間待ちます。そして顎の骨とインプラント体との結合を待ちます。その間はなるべく強い力をかけないようにして、仮のブリッジや入れ歯で過ごして頂きます。奥歯には何も使用せず、安静にしておく事もあります。顎の骨とインプラント体が結合したら型取りができます。1回法の利点は2回目の手術をしなくてよく、外科的な負担を減らす事ができます。また、2回目の手術後の歯茎の治癒機関がなく、治療期間が短縮できる事があります。ただ、患者様のお口の状況により、1回法が適応できない場合もあります。
2.2回法の手術
インプラントの手術を行った後、歯茎を閉じ数か月間待ちます。数か月間待ち、インプラント体が顎の骨と結合したら歯茎を切開し、インプラント体の頭に連結する部品を付けます。その後歯茎が治ったら型取りをします。
インプラント単独修復
インプラント単独修復
インプラントブリッジ
インプラントブリッジ
インプラントオーバーデンチャー
インプラントオーバーデンチャー
オールオン4/オールオン6
オールオン4/オールオン6

4本もしくは6本インプラント埋入し、動かない入れ歯を固定する方法

即時埋入/即時負荷

抜歯と同時に埋入し、その日のうちに歯を装着する方法です。適応症例は限られます。

骨造成

骨が少ない部分に必要な骨を人工的に作る方法です。

歯を失い年月が経過するとその部分の顎の骨が徐々に減少しインプラントを植立するための骨幅や高さが不足します。骨がなければインプラントを行う事ができません。その時に、この不足した部分に骨を作る事が骨造成であり、様々な方法があります。

当院では、他院で骨がないと断られた患者様でも、骨造成を行いインプラント治療を行える方法があります。

ソケットリフト

骨の高さが不足している場合に、インプラント埋入と同時に骨の高さを増大させる方法です。増大する量が少ない場合に適応できます。インプラントを埋入する穴を開けた後に専用の器具を用いて上顎洞粘膜を持ち上げます。その部分に骨や人工骨を転入し、上顎臼歯部の骨の高さを増大し、十分な長さのインプラントを埋入する事ができます。

サイナスリフト

サイナスリフト

上顎の骨の高さが著しく不足している場合に、骨の高さを上方に著しく増大する方法です。上顎洞の側面に穴を開け上顎洞粘膜を持ち上げ、その部分に骨や人工骨を填入します。これにより、上顎臼歯部の骨の高さが増大し、十分な長さのインプラントを埋入する事ができます。インプラントの埋入に先立って行う事もあります。ただ、術後、顕著な腫脹を伴う事があります。

GBR法

GBR法

骨の表面は薄い骨膜で覆われています。この骨膜と骨の間にスペースを保っておくと、その部分に新しい骨ができるという現象が見られます。この方法を用いて骨を増大する方法がGBR法です。骨と骨膜の間にスペースを保つために骨や人工骨などの骨補填材を填入し、社弾幕で表面を覆います。

リッジエクスパンジョン

リッジエクスパンジョン

顎の骨が吸収を起こし、インプラントを入れるための骨の高さはあるが、骨の横幅が不足している場合に行う方法です。細くなった顎の骨に割れ目を入れ、両側に専用の器具で拡大し、骨の幅径を増大させます。

インプラント治療の注意点

インプラント治療は外科手術であるため、治療を受けるには全身の健康状態が良好である必要があります。また、治療期間は長く、保険適用外のため治療費は高額になりがちです。

治療の条件は、治療予定の場所に骨がしっかりとある事です。骨が足りないとインプラントを埋め込む事ができないためです。骨が足りない場合は、骨移植手術を受ける必要があります。

治療後についても、毎日のケアが不十分であったり、定期的なメンテナンスを受けていない事で、インプラント周囲炎になる恐れがあります。インプラント周囲炎は、自然に治る事はないため、歯科医院で適切な処置を受ける事が必要です。炎症が進行している場合は、インプラントを摘出する必要があったり、インプラントが突然抜け落ちてしまう事があります。

インプラント治療によってこれらのような問題が起きないよう、正確な診断と定期的なメンテナンスが必要です。

保証期間

当院では、インプラント本体に関して10年保証いたします。ただし、メンテナンスを定期的に当院の指示通り行えた方に限ります。喫煙・糖尿病など全身疾患をお持ちの方、当院の規定通りメンテナンスを行えなかった場合については保証はいたしかねます。

pagetop